何を言っているか?ではなく、何をやっているか? - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何を言っているか?ではなく、何をやっているか?

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 私が“成幸”するまでに掴んだ教訓
日々、いろいろ発信したり取り組んだりしていると、外野から、いろんな声が聞こえてきます。

声援、批判、アドバイス・・・等など。

そんな中、どの人の話に耳を傾け、受け入れていくか?の判断基準として・・・。

私の場合、その人が

「何を言っているか?ではなく、何をやっているか?」

を見ます。

世の中には、評論好きな人がたくさんいます。
知識をもって理論的に話を展開する理論家、
正義を振りかざして、既存の問題点の批判を展開する人、
あれこれ能書き、講釈を垂れる人・・・

まぁそれも結構なんですが、

「・・・で、あなたは今、何をやって、どんな実績を出してるんですか?」
と聞くと、とたんにしぼむのです。

だから私は、正論を語るだけの人は信用しません。
むしろ何も語らずとも、黙々と行動して、結果を出している人の短い一言に影響を受けるのです。


以前、某ネットでやりとりしたことのある男性がいました。
その方は、とても聡明で知識が豊富。
彼が所属している某組織についての批判を的確に指摘できる方でした。

「本来はこうあるべきなのに、今の組織はどうこうで云々かんぬん・・・」

そこで私は、

「じゃー、そのあるべき姿に少しでも改善できるように、どこをどうしていったらいいのか?私にも少し考えがありますので、今度直接会ってお話しませんか?」
と提案しました。

ところが、彼

「いや・・・。私は忙しくて時間がとれないから・・・」

と逃げられてしまいました。

それ以来、彼からはまったくメールがこなくなってしまいました。

やはり、何を言っているか?ではなく、どんな行動をとれるか?で、人を判断していきたいと思いました。