FXでの収入と必要経費 - 確定申告 - 専門家プロファイル

税理士法人 洛 代表
京都府
税理士
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

FXでの収入と必要経費

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
資産運用と税金
「くりっく365」などの取引所為替証拠金取引以外の為替証拠金取引では、取引会社から発行される取引報告書をもとに、年間のすべての取引のトータルの損益から計算します。

FXで得られる損益は、売買による為替差損益と、スワップポイントがあります。その年の1月1日から12月31日までにポジションを決済した取引に係る為替差損益とスワップポイントを合計金額を損益として確定申告します。
取引会社により、ポジションの決済やスワップポイントについて取扱いが異なる場合がありますので確認しておく必要がありっます。
たとえば、ロールオーバーの都度、決済日が自動的に延長され、ポジションを持ち続ける場合は、決済されるまで課税の対象になりませんが、その都度ポジションが決済される場合は、12月31日の取引までのすべてが課税の対象となります。スワップポイントについても、決済の時にまとめてスワップポイントが支払われる場合には、年内に決済した分までが課税の対象です。

取引にかかったコストは必要経費として収入から差し引くことができます。取引報告書に記載されている取引手数料や入金にかかる振込手数料のほか、取引にかかった次のようなコストは必要経費に含めることができる場合があります。領収書など証明書類は保管しておきましょう。

インターネットの接続料や情報料、電話料、書籍・雑誌代、セミナーなどの受講料(電車代などの交通費も含む。)、パソコンの購入代金など


さまざまな税金に関するご相談を税理士がお受けします。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用と税金」のコラム

2011年度税制改正大綱(2010/12/30 02:12)