胸郭出口症候群(TOS)とは Part2 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

陽開カイロプラクティック 
カイロプラクター
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
吉川 祐介
(カイロプラクター)
市原 真二郎
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

胸郭出口症候群(TOS)とは Part2

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
カイロプラクティック 頭・首・肩の問題
前回、「胸郭出口症候群(TOS)とは Part1」で、症状についてご紹介してきました。
今回は、西洋医学的な視点で見た症状のメカニズムと治療法をご紹介しましょう。

名前の由来になっている胸郭出口は、腕にいく神経や動静脈が筋骨格の間を走行しています。

この走行している神経や動静脈が骨、または筋肉によって圧迫を受けることにより症状が出ると考えられています。

上の表が神経性胸郭出口症候群の分類です。

''分類表を見て頂くと分かりますように西洋医学では、
症状の多くは先天的異常が原因と捉えているようです。''

西洋医学では、通常、軽度の症状の場合、保存的経過観察や体操の指導。または、痛み止めの処方となります。
重度の場合は、関連する筋や骨を切除する外科的手術が行われるようです。

私の見解では、そんな必要性はほとんどありません。
先天的異常が本質的原因だとすると、なぜ小さいときにはでてこないで、成人で症状がでたり、また日によっても症状が違うのでしょうか?

ここに西洋医学の症状のメカニズムを原因と考えるトリックが隠れています。

次回、カイロプラクティックの視点でみた原因追求をご紹介しましょう。

山中英司

治療院のホームページ http://www.hikaichiro.com/
私のブログ http://hikaiyamanaka.blog73.fc2.com/
治療院のブログ http://hikaichiro.blog73.fc2.com/
治療院外活動ホームページ http://jocoso.jp/hikaichiro/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「カイロプラクティック」のコラム

顔つきが変わります!(2011/08/02 13:08)