“サムライ“復活!? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“サムライ“復活!?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんばんは!

さて、ここにきて景気はともかく、金融危機が一段落したことで、サムライ債の発行が回復してきています。

サムライ債とは、外国企業が日本で発行する円建ての債券のことです。

7月に英国のバークレイズ銀行が527億円を発行しましたが、今回HSBC銀行も1200億円のサムライ債の発行を予定しています。


昨年のシティグループの発行以来、政府の保証の付いたサムライ債しか発行がありませんでしたが、ここにきて欧米の大手銀行によるサムライ債の発行が増加傾向にあります。

背景には、低金利で運用の選択肢が少ない日本国内と、比較的低利で資金調達ができる欧米金融機関の利害の一致が根底にあるようです。

実際、同格付けの国内企業に比べ、サムライ債の金利は高めに設定されているため、投資家の需要も高いことから、今後の発行には弾みがつきそうです。

ただ、世界的には金融不安解消とまでは行っていないため、あくまで投資家としては、各発行体のデフォルトリスクを念頭におきながら、投資すべきか判断していく必要があるといえます。

この時期、国内外の社債には投資妙味が高いものが出てくるため、債券のリスクを理解できる方には、面白い時期ではないかと思います。


さて、昨日メルマガ発行いたしました。

今回は、「ランドバンキング」を取り上げています。
http://www.mag2.com/m/0000121186.html

また、明日発行の有料メルマガにおいては、安全性の高いオーストラリアのファンドと海外ファンドのセミナーのご案内をしておりますので、是非ご購読頂ければと思います。
http://www.mag2.com/m/P0007911.html


では今週末は、連休の方も多いと思いますが、是非良き休日をお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム