自民党総裁選 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自民党総裁選



環の小坂です。
昨日は鳩山内閣の影響について書きましたが、
自民党総裁選挙がスタートしました。

野党とはいっても未だ衆参共に第二勢力ですし、
長年日本をリードしてきた政党ですから
総裁が誰になるのかは非常に重要です。

候補者は3人ですが、推薦人20人の集め方に特徴があります。

・西村康稔氏
旧新進党メンバーや離党経験者が多いように感じますが、
北から南までまんべんなく地域を分散したメンバーだなと思います。

・河野太郎氏
参議院が多く、無派閥も多いです。
関東近県や都市の議員が多いように感じます。

・谷垣禎一氏
派閥横断で、幅広く推薦人を集めています。
地域も広いです。

河野・西村の両名が推薦人20名集められたというのは
自民党も危機感があるのだなと思います。

この総裁選挙を通して、混乱から早く脱出することは
日本にとって重要なことですので、総裁選の展開には注目しています。

小泉氏が橋本氏を破ったときのように、前評判が外れるケースも
自民党総裁選挙にはありますので、楽しみです。


前回自民党が野に下った1993年、宮沢首相に代わり
総裁選挙を戦ったのが、
河野太郎氏の父河野洋平氏とみんなの党を立ち上げた渡辺氏の父
渡辺美智雄氏でした。

そう考えると歴史は繰り返す。
谷垣氏も宮沢氏系列ですが、自民党の立て直しは
健全政治には必要なので活発な討論を期待しています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「徒然」のコラム

電通デジタルの記事を見て(2016/04/20 11:04)

IT時代の連絡手段(2016/04/18 18:04)