構造が美しくなければ、、 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

構造が美しくなければ、、

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
設計の作法 大きな木の下の家
現在、建築はコンピュータが発達したお陰で、これまで想像もつかなかった形態を生み出す事が可能となった。
奈良で木造に特化した設計を行なっている構造家の田原さんは、先日、受話器の向こうで、木造でも信じられない様な構造が可能であると豪語していた。

確かに、建築は今、構造によって様々な可能性を見出している。

構造が美しくなければ、その建築は美しくはない。
だから、美しいものはそのまま見せたい。
昔の伝統的な木造家屋には、確かに、そんな美しさがあった。

今でも、木造住宅の作家は、そうした古(いにしえ)の良さに固執する。

しかし、最近の若い建築家は、意外とそうした「構造の美しさ」には固執しない傾向にある。

どちらかと言えば、新たなプランニングの可能性を追求している様にも見える。
それは、旧来的な「家族」を打ち破る作業とも言えるだろう。

さて、「大きな木の下の家」は、そうした時代性を受け入れながら、古いものの良さも忘れない、という感じかもしれない。

少し斜めに振れたリビングには、風車の様に梁が掛かっている。
火打張りをなくしながら水平剛性を持たせる構造的なデザインである。