特殊技能をもつ給与所得者 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特殊技能をもつ給与所得者

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践
駅のホーム。

おはようございます、時刻は午前零時近く、怖いほどに静かです。


昨日からの続き、もう少し下の方をみます。
ここら辺になると、どちらかというと給与所得者が増えてきます。
電車の運転士、SE、薬剤師、電気工事の専門職などですね。
これらの職業の方々は、通常は会社に勤めているケースが多いのではないかと。

あくまで個人的な感想ですが、現状で一番有利な状況にあるのは
ここら辺の職業なのではないかと考えています。
これより上の層では自営業者が多いのは昨日までで確認できています。
自営業の場合、明日の保証は皆無です。
その保証がないことの引き換えにそれなりの報酬を手にするわけですが、
日本においてはそのアドバンテージは決して高くありません。

有利という言葉を言いかえると、一番バランスが取れているのが適切です。
保証を確保しながら、それなりの収益を獲得しているといえます。


もちろん、こういった職業についても安穏とはしていられません。
特に機械系の方に関しては、企業の設備投資自体が細っていることから
明日の仕事にも困るような方が出始めています。
まだ仕事が維持されている内に、自分なりのやり方を身につけておく
必要があるでしょう。


明日からは平均年齢について少しみてみます。
この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)