ネット通販 Eコマース 検索対策 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

青田 勝秀
大国屋ビジネスコンサルティング株式会社 
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ネット通販 Eコマース 検索対策

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ネット通販 Eコマース EC スタートアップ
独自ドメイン店舗、ECモール出店店舗問わず検索対策はどのネット通販、Eコマース店舗においてもライフラインです。商品を探しているお客様になるべく早く、わかりやすく近づくことができる検索エンジン対策がなされていないと「SEM、アフェリエイト、バナー広告、メールマガジン広告など」に出稿しないと顧客の導線が取れなくなります。一時的な集客は良くても長い目で見て非経済的であり、非効率的な店舗運営を強いられることになってしまいます。

SEOについて


テクニックに関しては、唸るほどネット上にも転がっていますから割愛します。
そもそも以前一度書いたと思いますがSEOって長い目でみたら成立しないはずなんです。検索エンジンは探している言葉とコンテンツをマッチングさせるもので、人為的にコンテンツを上位表示させることで検索しているユーザーの利益を阻害することになりますよね。各社検索エンジンの会社はバックリンクなどのSEO商材については遅かれ早かれスパム扱いしていくことになります。
ですので、基本的なメタキーワードやタイトルそして本文中のテキストを絡め合わせるということは最低限した方がいいことは明白です。

SEOの肝


お客様が何に興味を持っているのか?
どんな言葉でそれは表現できるか?
どんな言葉で検索されるのか?
がネット通販、EコマースのSEOにおいては肝になります。例えば
オーバーオールという言葉がありますが今や「サロペット」ですよね。このサロペットと呼ばれた瞬間に商品名をはじめとする全てのキーワードをサロペットにできるかが勝負なんです。

キーワードを読む


でも、そういった言葉の変化の動きやトレンドの動きはどうやって調べればいいのでしょうか?一つはフェレットプラスをお勧めします。直近のキーワードの検索回数などを表示できますからトレンドが読むことができます。もう一つは兆しです。こちらは今ブログでブロガーたちの中でどのようなキーワードが旬なのかを調べることが可能です。

常にお客様の立場に立ち、どんなキーワードで商品を探すか?考え抜きましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――
売上をガツンと伸ばしたい!そんな「思い」にお答えします。
無料EC・売上コンサルティングなら大国屋ビジネスコンサルティングへ!
twitter ID: ebisu_daikoku
―――――――――――――――――――――――――――――――