「やめる」ことを選択する時 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

再木 奈生
ヒューマンリクリエイト 代表
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「やめる」ことを選択する時

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
HAPPYになる考え方 目標設定
みなさんは、「辞める・終わりにする」という時の決断をどうされていますか?

転職でもいいですし、所属団体から退会でもいいです。
また、お付き合いを辞める、でも同様ですが
私たちには「辞める」を決断する時ってたくさんあると思います。

もちろん、私にもその決断をする・した時が何度もありました。
それらを振り返ってみたり、人の「転機」を支援させていただく中で
とても強く感じていること。

それは
「負のスパイラルに陥っている時には
辞める・終わりにするという決断を避ける」
ということです。

「上手くいっていないから辞める」「悪い結果ばかりだから辞める」
「誰も(特定の人でもいいです)自分を理解してくれないから終わりにする」

そうした中で「辞めたい・終わりにしたい」と思う気持ちは
とてもよくわかるつもりですが
その「負のスパイラル」にはまっている時に
「辞める・終わり」にすることを選ぶと、心がとても傷ついて
思った以上に「辞めてサッパリした!」という晴れやかな気持ちには
なれないものです。
「去った」「逃げた」という自分を自分で見てしまうからだと思います。

傷ついた心のまま、辞める・居場所をなくすというのは
その傷つきを癒すのにとても時間もかかってしまう。



何のためにやめますか?終わりにしますか?
HAPPYな「自分の明るくたのしい明日」にしたいからですよね。

上手くいかないから辞める・終わりにするという選択をし
より傷ついて心が痛い最中で
ポジティブな「自分の明るい未来」を創造できますか


どうぞ「辞める・終わりにする」という決断を下すときには
「明るい明日・明るい未来」へのパスポートを
しっかり手にして、少なくとも「私はそのパスポートを手にした!」と
自分の心が喜ぶ・楽しむというポジティブでいられる「目的地」を
明確にしてから先に進んでください。。
(目的地がなければ、パスポートは発行されませんものね)
自分にやれるだけのことは精一杯やったから
先に進もう!というパスポートも十分有り!ですね。

一人ひとりのリクリエイト(再創造)の支援をします!
ヒューマンリクリエイト 再木 奈生
☆ブログはこちらからどうぞ