子供の風邪の原因って - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供の風邪の原因って

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント
GWも過ぎ、いよいよ真夏日和といったところですが、巷では「はしか」が流行っているそうで怖いですね。

さて、この時期耳鼻科は咳きこむ症状のお子さんが多く来られるようです。
原因は「エアコン」です。温度差で風邪をひくお子さんもいらっしゃいますが、断然多い原因は「カビの吸引」でノドをやられるようです。アレルギーを併発するお子さんも多いので気をつけましょう。

エアコンは今まで使用していた暖房運転と冷房運転は冷媒が逆に流れるため、冷房運転時には試運転をしましょうv
またフィルター掃除(最近のは全自動ですが・・)もまめに行うのが家族の気管支を守る秘訣です。

また、これから梅雨に向かって室内の湿度が高くなります。除湿運転などを併用して快適な室内環境にするのは親の役目ですね。

カビは20-35℃で湿度60%以上で発生しやすくなり、70%以上で大繁殖します。

カビの繁殖を抑えるには、「栄養源」「酸素」「温度」「水分」のいずれかを生育に適さない状態にしてしまうことですが、「栄養源」「酸素」を絶つことは難しいので「温度」「湿度」のコントロールが大切になります。

またカビの発生や食品のカス、人の髪の毛やほこりでダニが発生しやすいのもこれからの時期です。

クローゼット・押入れ・浴室などの換気を行い憂鬱な季節を健康的に送りましょう(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

マンションの盲点(2012/03/23 23:03)

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)