“ハゲタカファンド”再び? …今、マネーのプロ達は - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

“ハゲタカファンド”再び? …今、マネーのプロ達は

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
これからの不動産市況
リーマンショックから早一年。

「100年に一度」と言われた経済危機の中、
いまだ日本経済は復活の糸口が見えず、
混迷の状況から抜け出せない状態にあります。

その中にあって、マネーの世界では
すでに新たな動きが始まっています。


昨日『NHKスペシャル(金融危機1年 世界はどう変わったか)』
という番組が放映されました。

すでにマネーの世界では、
各国政府が金融危機対策として拠出したマネーを元に、
ヘッジファンドが復活。この1年の損失を取り返すべく、
すでに激しい投資活動を行っていると報道しています。

(日本を含めた各国および新興国の株や、最近の原油など
 資源・穀物などの高騰はこのマネーの流入が背景にあります。)


取材されていた米国のファンド会社には、
運用先を求めて
多くの機関投資家や個人投資家が相談に訪れていました。

このマネーは不動産にも向かいつつあり、
大物ヘッジファンド・オーナーが
「価格の下落した優良物件は絶好の投資チャンス」と、
ニューヨークの不動産物件を物色する様子を
かなり長い時間を割いて放映していました。

(すでに日本でも、
 いくつかの外資系ファンドの不動産担当が来日し、物件の選定を始めています。)


番組で
その大物ヘッジファンド・オーナーが言った言葉が耳に残ります。

「結局何も変わっていない。
 生き残ったヘッジファンドが、より大きくなっただけだ。」


「ハゲタカファンド」と呼ばれたマネーが、
日本のバブル崩壊後に企業や不動産を買い捲った時代が
また始まりつつあります。



※9月17日午前1:10(16日深夜)から再放送があります。
 見逃した方で「翌日の仕事に影響してもかまわない」という方は、
 ぜひご覧ください。

         株式会社イー・エム・ピー
         代表取締役 中村嘉宏:談





※会員に登録いただけると、
EMPが厳選した新着物件情報をその日のうちに毎日配信中。
最新版をご希望の方はご登録を。(登録無料)
 ⇒ご登録はこちらから


※高いコンサルティング能力と非公開情報の提供。
 プロの目線で、皆様の投資をサポート。
 ⇒不動産投資を成功させるなら、EMP