ネット時代のマネジメント手法 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ネット時代のマネジメント手法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はレベニューマネジメントについてのお話です。

「レベニューマネジメント」を皆さんご存知でしょうか。
「イールドマネジメント」と呼ばれることもあります。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20070202/260501/

一般的には、需要予測をもとに、最適なタイミング・価格で適切な顧客層に商品を販売し、利益を最大化する手法と言われています。
運輸・ホテルなど、固定費が大きい業界で使われる例が多いようです。

需要予測や需要実績に応じて、価格を柔軟に変えていくという「レベニューマネジメント」。
飛行機やホテルをネットから予約されている方には、おなじみの手法ですね。

情報重視、タイミング重視、スピード重視。
従来からあるITの良さとオープンネットワークであるインターネットの良さが融合した、ネット時代のマネジメント手法と言えるでしょう。

業務プロセスにおいて、極力人的運用を排除することで、このようなマネジメント手法のメリットを最大限享受できるわけです。

お客様のニーズを捉え、どうしたらお客様に購入してもらえるか。
お客様視点をネット時代に具現化したのが、レベニューマネジメントと言えるでしょう。

第4回中小ITベンダー成長戦略相談会のお知らせ

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)