素材“鉄”について<第一回> - エクステリアデザイン - 専門家プロファイル

有限会社エストア 代表取締役社長
エクステリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:エクステリア・外構

江藤 繁
江藤 繁
(エクステリアコーディネーター)
小林 勝郎
小林 勝郎
(エクステリアコーディネーター)
中島 通泰
(ガーデンデザイナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

素材“鉄”について<第一回>

- good

  1. 住宅・不動産
  2. エクステリア・外構
  3. エクステリアデザイン
エクステリア事情(外構関係) 素材について

郵便受けポスト妻飾りフェンス面格子門扉フラワーボックスなどに
使用することが多い素材“鉄”について、この度は、お話したいと思います。

弊社のホームページをご覧頂きました方からよく頂く質問に、
「素材に“鉄”を使用しているが、錆びたりするのか?」
「錆が雨に当たり、外壁を汚さないか?」と、
“鉄”や“錆”への質問が多く寄せられます。

弊社のホームページでは、【鍛鉄】【スチール】【鋳物】【鉄】などの言葉を使用しながら、
“鉄”を使用している商品をご説明しております。

基本的に“鉄”は錆びます。
これは避けがたい事実であり、決して「錆びません」とは言えないのです。

“鉄”は、水分・酸素の付着により“錆”が発生しやすくなります。
また、海の近くでは“錆”が発生しやすく、“鉄”自体を人が触ることでも、
“錆”を誘発することがあります。
この様に“鉄”自体へ“錆”を誘発する物質を遮る事が“錆”を防ぐ鍵となります。

現在製品加工・塗装技術の向上により防錆効果を期待出来るようになりました。
錆止め塗装・粉体塗装・メッキ加工・焼付け塗装などを施し、
“鉄”自体に“錆”を誘発する物質を接触させない加工が幾重にも施されるのです。
※海の近くでは接触させない加工を幾重にも施しても“錆”が誘発され、
商品の寿命が短くなることが多いと報告を受けています。

工業製品化が進む中で、十分な精密加工が施される様になり、
均一的な防錆効果をもたらすことが出来る様になりました。

それでも「鉄を素材としている商品は、錆が出ないと言い切れない」のです。

しかし、こうした精密で均一的な工業製品化により、
商品全体が“錆”によって真っ赤になることは、今までの私の経験ではありません。

多少の“錆”が発生したとしても商品自体へのダメージを考慮するほどのことはありませんが、
メンテナンス<補修>が重要事項となります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(エクステリアコーディネーター)
有限会社エストア 代表取締役社長

商品販売から施工まで、エクステリアのトータルアドバイザーです

3000品目以上の品揃えとオリジナル商品を取り揃えた「エクステリア専門サイト」を運営。商品の販売のみならず、エクステリア全般に関するご相談、施工に関するお問い合わせも承っています。住宅産業での長年の経験をもとに、最適なアドバイスをいたします。

カテゴリ 「エクステリア事情(外構関係)」のコラム

真鍮とは(2009/11/17 13:11)

アルミニウムとは。(2009/11/09 13:11)

ステンレスとは(2009/10/20 11:10)

このコラムに類似したコラム

エクステリア アイテムの取付高さ<郵便受けポスト編5> 江藤 繁 - エクステリアコーディネーター(2011/07/26 14:30)

エクステリア アイテムの取付高さ<郵便受けポスト4> 江藤 繁 - エクステリアコーディネーター(2011/07/26 09:25)

エクステリア アイテムの取付高さ<郵便受けポスト編2> 江藤 繁 - エクステリアコーディネーター(2011/07/25 14:55)

門扉や手摺(ロートアイアン、アルミ鋳物、ロートアルミの比較) 中島 通泰 - ガーデンデザイナー(2010/06/28 12:03)

エクステリアとインテリアの関連(2) 江藤 繁 - エクステリアコーディネーター(2009/03/16 12:53)