玄関−2 <玄関収納> - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
前川 知子
前川 知子
(インテリアデザイナー)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

玄関−2 <玄関収納>

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
光が丘のチークハウス 玄関
引き続き、光が丘のチークハウスの玄関を見てみましょう。

玄関を入って左手には、壁一面の玄関収納があります。
奥行35センチ程度の収納内部には、たくさんの可動棚が設置され、入れるものに応じて、自在に高さを調節できるようにしています。
一人暮らしには十分すぎるほどの収納量ですが、靴や傘だけでなく、本や掃除用具など諸々の物も収納できます。

扉の表面はフローリングと合わせた、チーク突き板による仕上げ。
そのうち、一枚の扉には鏡を貼り、姿見として利用できるようにしました。
玄関の鏡は、「靴を履いた状態で全身チェックしてから出かけたい」というクライアントからの要望も多いところですが、壁面でなくとも、収納の一面を利用するというのもよく行われる手法です。

収納の足元は床より30センチほど浮いています。
間接照明によるやんわりとした光の空間が来客を迎え入れるだけでなく、普段よく履く靴を仮置きする場所としても重宝しますね。
このような部分があるだけで、決して広くない玄関でも、ずいぶんと奥行き感が生まれるものです。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のチークハウス」のコラム

玄関−3 <ニッチ>(2009/09/09 00:09)