風水マジックできめろ! 現代風水ビジネス考 #2 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

風水マジックできめろ! 現代風水ビジネス考 #2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
ベンチャー経営術、イマ〜戦略系。 販促・プロモーションのバックヤード
鳩山内閣が発足しました。
これから新しい日本の政治システムが始動します、経済一流、政治三流と言われた日本。
これからの日本の未来にちょっぴり期待が膨らんだ1日です。
未来に希望を持つというのは人間の生きる根源だと思います。

エスオープランニング、山藤(サンドウ)です。

前回より、中国の古典学問である、風水を活用したコラムシリーズを書いています、
風水マジックできめろ!現代風水ビジネス考の第二弾です。

前回のポイントとして、

風水は、5つのテーマから出来ておりそれは陰陽五行説と言われています。



木は、木材となり燃えて、火になります。
火は、エネルギーを出して、灰となります。
灰は、土となり大地の基礎を作ります。
土は、何千年の間に、鉱物、金を作り出します。
金は、凝結して水を生み出し、また流通して流れる水をつくります。


風水の発祥は中国ですが、アメリカや欧米でも1970年代のスピリチュアルムーブメントのころより、
広く知れ渡るようになりました。

米国では風水のことをFeng Shuiと呼びます。



風水の従来からのイメージ



風水=迷信と捉えている人
うさんくさい東洋のまじない
東洋の宗教


アメリカはキリスト教の国なので、キリスト教の基準で考えると、
迷信と考えられている風水に近づきたくないという人も多いと思います。

それでも、最近はクリスチャンでも東洋の知恵というか、
先人・古人の知恵を学びたいというオープンな人も増えてきています。

米国では風水が個人宅だけではなく、オフィスやビルなどのビジネスにも多く利用されており、
様々な業種で風水が用いられています。

風水は、その建物の「気のエネルギー」を測っていきます。
そしてバランスが崩れているところに「レメディ」という改善法を施すことにより環境を整えていくのです。

ロスの再開発でも利用されているFeng Shui



ロサンゼルスのダウンタウン再開発では2フェーズに分けて敷地および、
建物の建築をしているプロジェクトがあります。
このプロジェクトではプランニングの段階から風水の技法が取り入れられています。

この再開発では4棟の高層マンションとオフィスビルが建設される予定です。
これらの建物の最適化に対する建物の座向(前と後)の判断はもちろんのこと、
建物の建設開始日にも風水による鑑定で注意を払っていると、
風水コンサルタントの清水瑛紀子さんは言います。

次回につづく。

参考出典:国際イメージコンサルタントのイメージな日々、清水瑛紀子さんブログ

風水カラー:恋愛・金運・開運!風水色々