玄関−1 <引き込み戸・床仕上げ> - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

玄関−1 <引き込み戸・床仕上げ>

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
光が丘のチークハウス 玄関
光が丘のチークハウスは、マンションの最上階。
エレベーターを降り、玄関扉を開けると、風の通り抜けるエントランスへつながります。

住戸面積が60平米弱とそれほど広くなく、また一人暮らしのお宅であるため、なるべく家全体をワンルーム的に計画することになりました。
リフォーム前の間取りでは外光の入らない廊下部分が多かったのですが、今回のリフォームでは廊下を極力なくし、中心のリビングダイニングから各所へつながるプランとしました。
玄関も例外ではなく、玄関のすぐ先にはゆったりとしたリビングダイニングが広がり、開放感に満ちたエントランス空間となりました。

しかし、玄関扉を開けると、家の中の様子が丸見えになってしまうのでは落ち着きません。
そこで、リビングダイニングとの境に引き込み戸を設け、来客時には空間を仕切られるようにしました。
戸の大部分を曇りガラスにしたので、プライバシーを保ちつつも、リビングの光が玄関にも差し込み、戸を閉めても玄関が真っ暗ということはありません。

玄関の床には、アンティカ・トラベルティーノというイタリアの大理石を敷きました。
趣のある自然な風合いの石で、複数のサイズのものを並べてデザインしています。
その先につながるチークの無垢フローリングと、とてもよく調和していますね。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のチークハウス」のコラム

玄関−3 <ニッチ>(2009/09/09 00:09)

玄関−2 <玄関収納>(2009/09/05 22:09)