ピアノは、教え込まずに引き出す - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ピアノは、教え込まずに引き出す

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ピアノレッスンのヒント集
これまでの日本のピアノ教育は、概して「教え込む」指導が主流だったと思います。

先生の弾き方、音楽の捉え方を一方的に生徒に押し付ける。
そして生徒はそれを真似をする。



これからは「引き出す」レッスン


ですが、私が思うにこれからのレッスンは教え込むのではなく、
生徒のもっている音楽、ひいては人生観を引き出すことが大切だと思います。


しかし、これはかなり大変なことです。何より時間と忍耐が必要です。

なぜなら、生徒がどういう風に弾きたいのかを自分で考えさせて、
それを実際に音に出来るまで、講師はじっと見守らなければならないからです。



大事なのは、どうやって「引き出す」か


かといって、講師は黙ってみているわけには行きません。

どのように弾きたいのか、そこをどうしてそのように弾いたのかを、
「会話」や「質問」によって、うまく「生徒自身の口で語らせる」ことが大切です。


人は、言葉にすることによって、まだはっきり形となっていない考えを、
明確にさせることが出来ます。そうして出来た音楽は、「意思のある音楽」になります。



意思のある音楽を目指す


音楽は目には見えないものですが、演奏には、その人の意思というものが見えます。

「こういう風に弾きたい!」という意思のある演奏は、それが個性となります。


意思のある演奏と、教え込まれて出来た演奏とは、実際に音にしたときに、違うと思います。

音楽には、これといった正解はありません。
しかし、音楽的に明らかに間違った弾き方をしていたら、それはすかさず直します。


それ以外は、生徒さんとの対話やコラボレーションで音楽を作り上げていくのが良いと思っています。


「なんでそういう風に弾いたの?」

この質問に明確な理由付けが出来ていれば、「なるほど、いいね」となり、
「こういう弾き方もあるんじゃない?」という投げかけにもなります。


とにかくピアノのレッスンには、生徒さんにいろいろ語らせることが大事ですよね。