歯の詰め物の周りの着色を取る方法 - 歯のホワイトニング - 専門家プロファイル

ティースアート ティースアート代表
東京都
歯科医師
03-3541-3514
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

歯の詰め物の周りの着色を取る方法

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 矯正・審美歯科
  3. 歯のホワイトニング
審美歯科 審美治療
こんにちは。ティースアートのDr.TSUBAKIです。

歯の詰め物を行ってから時間がたつと、歯と詰め物の境目に茶色い着色が出てくることがあります。この原因は、詰め物と歯とのミクロの段差や隙間にステインが入り込んでしまうために起こりますが、こうなってしまうと歯ブラシだけでは取り除くことができません。

通常はクリーニングだけで取り除くことができる場合もありますが、詰め物と歯との間に段差がある場合は、詰め物をポリッシングすることで、歯と詰め物の段差をなくし、ステインも取り除くことができます。ただし歯と詰め物の間の隙間にステインが入ってしまっている場合は、この方法では取り除くことができません。

もうひとつの方法はホワイトニングです。詰め物自体が変色している場合、ホワイトニングで白くすることはできませんが、詰め物のまわりの着色はホワイトニングで分解して除去することは可能です。ただしレジンの下にもぐりこんでしまっている着色は取れきれないこともありますが、上記のポリッシングと組み合わせることによって、きれいになることもあります。

ティースアートでは、歯の詰め物や歯の隙間に入り込んでしまったステインを取り除いてきれいにするコースも用意しています。歯科医院のクリーニングでは落としきれないステインがある方は、ぜひ試してみてください。費用はクリーニング代+525円です。

 ティースアートのケミカルクリーニング

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
ティースアート ティースアート代表

米国の最先端ホワイトニングを日々研究、提供しています

日本で最初のホワイトニングサロンを銀座にオープンさせて以来、講演活動などを通して国内のホワイトニングを牽引しています。常に新しい技術を習得することを心がけており、年2回アメリカの審美学会に出席、日本人の歯を白くすることに貢献しています。

03-3541-3514
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「審美歯科」のコラム

保険でできる審美治療(2009/12/14 11:12)

ダイレクトボンディング(2009/07/07 10:07)

歯茎をピンク色にする方法(2009/06/22 10:06)

根のホワイトニング(2009/06/18 10:06)