特定疾病保険・生前給付保険 - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特定疾病保険・生前給付保険

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
保険商品シリーズ
「特定疾病保険」・「生前給付保険」
(保険会社によっては3大疾病保険とも言う)とは、
「がん・心筋梗塞・脳卒中」で療養となった場合、保険金が満額支給される
というものですが、上記3大疾病に掛からなくても、死亡保障が付きますので、
通常の生命保険に+α(生前給付)が付くという理解が正しいでしょう。

ただ、同じ「特定疾病保障保険」でも
「定期保険(期間限定)」「終身保険(無期限)」の2つがあります。
どちらかと言えば、後者、「特定疾病終身保険」がいいでしょう。

また、特定疾病保障保険の評判が上がらない理由として、
1.「がん」ならともかく、「心筋梗塞」・「脳卒中」は、60日待機期間が前提
   となっており、実際はあまり役に立たないのではないか?
2.通常の終身保険に比べると解約返戻率がやや劣る
3.推奨する保険会社が少ない

というものが挙げられます。

しかし、

「がん診断給付金付終身保険」と割り切って考えれば、それなりに有効


な商品だと思われます。

ガンと診断されてショックな時に

「先に一時金が給付されること」は、勇気を与えてくれます。



また、この「特定疾病終身保険」なら、将来、がんなど特定疾病にかからなくても、
払い込んだ掛け金の累計額を上回る金額が、いつか必ず保険金として家族に入金される・・
つまり、払ってきた掛金全額が、家族の資産になる

という設計が十分可能ということを知っておいて下さい。