犬のしつけー犬との関係ー - 犬のしつけ・訓練 - 専門家プロファイル

中西 典子
DoggyLabo 
しつけインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
小川 亜紀子
小川 亜紀子
(しつけインストラクター)
中西 典子
中西 典子
(しつけインストラクター)
水土 はなん
(しつけインストラクター)
中西 典子
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

犬のしつけー犬との関係ー

- good

犬のしつけ
ボス、リーダー、アルファ、主従関係、上下関係、などなど、
しつけのアドバイスをするときに使ってきた言葉です。
でも、どれも どうもしっくりこない。

「先輩、後輩」なんて使ったこともあります。
でも、体育会系的にとらえると、ちょっと違う。
「親分、子分」とも違うなー。
悩んでいたら、こんな表現に出会いました。

「〜社交ダンスかペアのフィギュアスケートによく似ている。
 おたがいの関係で成り立っているのだ」

これは、「ほんものの乗馬」について書かれていたものですが、
これを読んだ時に、ピンときたのです!

ダンスのリードをするように、
愛犬の良さを引き出してあげる、そんな関係。

そこには、思いやり、信頼関係、愛情、そして
時には厳しさや、ぶつかり合うことも存在します。

それが、肉体的にも、そして精神的にも、
私がイメージしている、犬との理想の関係にピッタリだと
感じたのです!


参考:「動物感覚」テンプル・グランディン著 NHK出版