グーグルのストリートビュー問題に新たな展開 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

グーグルのストリートビュー問題に新たな展開

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
内部統制
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は情報セキュリティについてのお話です。

総務省は、グーグル日本法人に対して、同社が展開する地図検索サービス「ストリートビュー」をめぐり、個人のプライバシーなどに配慮した運用ルールを策定するように求める方針を固めました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000031-san-bus_all

グーグルのストリートビュー問題に新たな展開ですね。

個人情報保護法という観点では、個人の特定が困難なことから、違法性はないと判断している。
一方で、プライバシー侵害につながる恐れがあると警告している。

やはり今回も法律がらみの問題ですね。
法律上は問題ないが、現実的には大きな問題があるのではないかと多くの人が思っている。
なので、「運用ルールで対応しましょう」という流れです。

インターネットの発展のスピードに法律やガイドラインが追いつかず、対応が後手後手になり対処療法になっている印象がぬぐえません。

今回の件も「ストリートビュー」の件だけの議論にとどめずに、情報セキュリティの大きな視点から問題を議論すべきでしょう。
「運用ルール」という対処療法だけでよいのか、将来的には技術的な対応まで踏み込んでいくのか、そういった検討も必要ですよね。

インターネットのオープンな世界の良さを、これからも多くの人が享受し続けるためにも、このような問題の議論を積極的に進めていくことを願います。

第4回中小企業向けITコスト削減相談会のお知らせ

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「内部統制」のコラム

緊急対応(2016/11/22 09:11)

Yahoo!から個人情報が流出(2016/10/05 10:10)