起業がゴール?!〜起業燃え尽き症候群(2) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

笠井 文哉
株式会社アドバンス ベース 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業がゴール?!〜起業燃え尽き症候群(2)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
整体・療術業界における起業の落とし穴
こんにちは。株式会社アドバンス・ベース笠井文哉(ぶんや)です。
整体をはじめとする療術業界での起業支援コンサルタントです。
高齢化社会に適した事業で、
あなたの豊かで自由なセカンドライフを実現しましょう。

起業を目標にしている人と、起業して事業の成功を目標をもつ人では
結果が大きく変わってきてしまう理由をお話ししましょう。

まず、整体で起業するために大切な「整体学校選び」ではどうでしょうか。

起業が目標であれば・・・・
起業した人がどのくらいいるのか?が学校選びの基準になります。
その整体学校の先生のほとんどは起業されて、整体院を経営されて
いるはずで、起業した経験のある方が先生であれば安心!となります。

ところが、起業して事業の成功が目標であれば・・・
起業してどのくらいの営業成績をあげているのかが学校選びの基準になります。
その整体学校の先生に対しても、どのくらいの経営力をもっているのかが
判断材料になります。

あなたならどちらの学校に行きたいでしょうか?
どちらの先生に教えていただきたいでしょうか?
答えは簡単ですね。

そして、整体学校での学び方も変わってきます。

起業が目標であれば・・・・
起業できるかな?と感じられるように技術を習得し、
各種手続きや、集患のためのノウハウを学べば十分です。

しかし、起業して事業の成功が目標であれば・・・
ただの知識としてでなく、現場での課題(施術や経営など)を解決できる
知識を実践をふまえた知恵にしなくてはなりません。
できれば学校に行っている間に開業し、現場での課題を解決する場所と
したいところです。

目指す場所が違えば、到達する場所は変わります。

あなたも起業をゴールにして”起業燃え尽き症候群”にならないように、
高い目標をもってください。