利益というものの曖昧さ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

利益というものの曖昧さ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
水族館脇。

おはようございます。
天気が良くて水があって、とても気持ちが良かったです。


昨日からの続き、ROEという指標から考える現在の経営について。
昨日までは主に分母、つまり

元手をどこから用意するか

について述べてきましたが、実はもう一つ考えるべきは分子の

利益は企業の業績を測るのにどの程度適切か

という課題があります。


利益という数字を追い求めることは経営として正しいです。
これなくして事業を継続することは不可能だからです。
しかしながらこの利益という数字、中々に実体が掴めません。
そのために企業が

利益を出しながらも倒産する

という事態が起こったりするわけです。


「少ない元手で利益をあげている」という一見すると非常に
良いことづくめに思える経営が、それほど盤石ではないという
ことが今回の金融恐慌ではっきりしてきました。


明日、最後に簡単な補足をしてみます。

この項、明日まで続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)