配当等は、今年から申告分離か総合か選択できます - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

配当等は、今年から申告分離か総合か選択できます

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
所得税
配当等は、今年から申告分離か総合か選択できます 【所得税 節税対策】

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

今週はお盆休みの方も多くいらっしゃると思いますので
軽い内容にしました。

実は、今年から配当等の所得税について確定申告をする場合に
総合課税か申告分離かを選択できることはご存知でしたか???

対象となる配当等は、平成21年1月〜23年12月の間に受取る
配当等です。

そもそも配当等の所得税は、その種類に応じて
一定の税率で源泉徴収されています(上場企業は、7%の源泉所得税)

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1330.htm

その後、確定申告期に確定申告をするかどうかの選択を行います。
この場合に、今年から2年間は総合課税にするのか申告分離にするのか
を選択することが出来るようになりました。

ただし、選択できるのは上場株式等の配当等のうち大口株主等
(5%以上の大株主)以外の配当等が該当するします。また
未公開株式に係る配当等の場合は、総合か分離かは選択できません。


では、総合か分離かを選択した場合どのような効果が発生
するのでしょうか。。。

株価の暴落により上場株式等で上場損失等を繰越している
場合や、あるいは今年上場株式等で譲渡損失等が発生する
見込みのある場合、

配当等の源泉所得税を還付(充当)することが出来ます。

誰もが多額の節税を出来るというわけではありませんが
知らないと損した気分になります。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
http://www.marlconsulting.com/

 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi

神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/

 相続名義変更アドバイザー税理士のHP
 http://fpstation.souzoku-zeirishi.com/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「所得税」のコラム