やっぱりウィスキーでしょ。 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

谷口 浩一
株式会社チームデルタ 代表取締役
千葉県
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

やっぱりウィスキーでしょ。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
サイトプロデュースの現場から サイトプロデュースの舞台裏
今時こんなことを言うと、大きな反感を招くかもしれないことを覚悟で書けば、


  男が1度は通らなければいけない道


とか


  女の矜持


とか、そういうのがあってほしいと僕は思ってるんです。


今では、ワインを日常とし、食材に合わせて清酒も芋焼酎もやりますが、昔からウィスキーだけは僕の中で特別なポジションにあります。


そして、ウィスキーは、僕にとって、


  男が1度は通らなければいけない道


の1つ、、、だったと思っています。


今よりうんと若い頃、カウンターの奥でひっそりと一人、グラスを傾ける先輩がかっこよく見えたし、示唆に富んだ言葉を投げてくれるバーテンダーの兄さんを尊敬してました。
「お金がなくてもネクタイだけはいいものを選びなさい」とカウンターで教えてくれた姉さんは素敵でした。
バーは、若くてお金のない僕とって、いつも不釣り合いな場であり、常に刺激的な学びの場であり、大人たちが創り出すエロティックな空間でした。


大原麗子姉さんの
「すこし愛して、なが〜く愛して」
に癒されて、

太地喜和子姉さんの
「苦労させてあげましょうか?」
にビビりながら、


大人の階段を少しずつ登る時間には、いつもウィスキーがありました。

そして
「なにも足さない。 なにも引かない。」
そんなピュアでシングルな男は、僕の憧れでした。

で、今、あんたはどうなのよって突っ込まれるのが一番怖い年齢(笑)。
かっこ悪いオヤジになってないか、オレ? って問いただすのが何より怖い!


あの時代には、しびれるようなコピーがたくさんありました。
すごいコピーライターがたくさんいました。
あの頃に比べると、今の言葉には輝きが足りないなぁ、と感じます。


若年層で、車、旅行に続いて、酒離れが進んでいるそうです。
男の子にとって、車はガンダムであり、酒は伊達の象徴であってほしいと思うんですが。


暑い季節、僕の冷凍庫には、角瓶が入っています。
マイナス10℃程度ではウィスキーは凍りません。
少しとろとろになりますけど。
こいつを、やはり凍ったグラスに半分くらい注いで、残り半分をソーダで割るんです。
レモンがあれば、一絞り。
そう、ちょっと濃いめのハイボール夏バージョンのできあがりです。


夏の昼下がりには、ハイボールがよく合います。
小雪さんがCMでやってるから?
いえいえ、僕と「角」とは、かれこれ20数年のつきあい。
そして最近、「角」を買うと、おまけの小さなソーダ缶が付いてくるし!


干しホタテをじっくり時間をかけてもどしたスープを使って煮込んだカレーを、実は隠し持ってるんですよ、僕は。
こいつを肴に、まっ昼間っからハイボールで一杯やる!
幸せです。


僕は、強烈なピートと潮風の思い出を芳醇な香りに残し、女王陛下の国からやってくるアイラ産のスコッチが大好きですが、夏はやはりハイボールに限ります!


今、こうして飲みながら、担当しているサイトのコピーをイメージしています。
いいのが出そう・・・(笑)。


「言葉」を司る左前頭葉を刺激して、いいコピーを導き出すためにこうしてコラムを書き始めましたが、どうやら
効果がありました!(笑)。



成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一