面接マン採用の本音 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

杉本 勉
株式会社エリートネットワーク 法人営業 兼 転職カウンセラー
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

面接マン採用の本音

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
最新の 転職マーケット情報 企業との打ち合わせ現場から

「普通の営業マンがいない」

先日、大手総合商社の関連会社に訪問した際に、
人事担当者の口からポロッと出た一言。

業績好調の同社では、若手・第二新卒層を強化するべく、
営業経験が1年以上あれば、業界不問で幅広く人材を求めている。

同社は企業体力もあり、
ECビジネスを支える「IT」と「リアル」を上手く組み合わせた事業に関与できる上、
働き方の面でも残業しても20時位には退社できるような職場環境で、非常にお薦めなのだが、
中途採用には苦労されているという。

採用基準が高過ぎるのでは?と思い、色々とお聞きしても
最近採用された方は、文字通り異業種出身の営業経験が1年程度ある方だという。

したがって、冒頭の言葉がポロッと出た訳である。

不景気から雇用の不安感が高まり、手に職、専門職と
終身雇用とは違った安定感・安心感を求める人が増えた結果、
目標数字・成果等の不確定要素に左右される営業職は、以前よりも敬遠されるようになり、
営業職からキャリアを転じたいとお考えになる方が、明らかに増えているように思う。

だから今、企業は営業マンを求めているのだ。

人材コンサルタントの立場から見て、営業職にはビジネスに必要な全ての要素が凝縮されており、将来会社を経営したい、起業をしたいという方にとっては、必須キャリアであり、
同時にやり甲斐のある仕事であると思える。

このように企業サイドのニーズと転職希望者の思い込みとのギャップを埋めるご説明をするのも、
我々人材コンサルタントの重要な役割のひとつである。

このコラムに類似したコラム

転職の手帖9:面接で戦術的に情報を収集・分析する 1 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/09/12 14:18)

「リーダー層、不足」 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2008/08/29 11:11)

外資系企業の福利厚生 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2008/02/13 11:11)

中長期キャリアプランのご相談 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2007/01/26 11:11)

本当の販売員とは・・・銀座から知る 竹間 克比佐 - 転職コンサルタント(2014/10/09 12:30)