店舗コンセプトを決める三つの要素 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

店舗コンセプトを決める三つの要素

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
店舗設計のノウハウ
お店を経営するとき、店舗のコンセプトを明確にする
必要があります。
コンセプトがハッキリしないと、顧客にお店の内容が
うまく伝わりません。どのような商品を販売しているのか、
イメージを顧客に伝えるためにも明確な特徴を示すこと
が必要です。

■店舗コンセプトを決める三つの要素
 
?ターゲットにする顧客は誰か
?どのような商品やサービスを提供するか
?どのような施設や手法で販売するのか

これらの三つの要素は店舗コンセプトを決める上で
必要不可欠なことです。

また、立地調査・商圏分析を行い、自店舗の位置づけ
(ポジショニング)を決めます。

ポジショニングとコンセプトが決定すれば、それに
もとづいて店舗設計していきます。

さらに、顧客に対してお店のコンセプトを伝える役目を
しているのが、キャッチフレーズです。
キャッチフレーズは、お店の特徴を顧客に伝えるとともに、
商品・販売促進・店舗施設・販売員の接客方法などに
に反映されます。

このように店舗コンセプトは、とても重要で必ず明確に
しなければいけないことです。


一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/