先端医療特許保護とiPS細胞関連特許のセミナー - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

大平国際特許事務所 所長弁理士
神奈川県
弁理士
090-4227-0184
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

先端医療特許保護とiPS細胞関連特許のセミナー

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
医薬・バイオ特許 iPS細胞(人工多能性幹細胞)関連特許
先日某大学で、先端医療特許保護制度の検討結果とiPS細胞関連特許の講義をしてきた。

先端医療特許制度は検討会の報告書が出ている段階で今後、審査基準が改定される方向である。

最も大きな成果としては、患者のクオリティオブライフを劇的に向上させる投与方法であれば、同一患者群、同一適用部位であっても特許される可能性が出てきたことである。

これまでは、用法、用量の発明については、患者群や適用部位が異なってなければ新規性が無い、とされ、進歩性まで判断される前に拒絶されていた。

それが、今回の先端医療特許制度検討会でクオリティオブライフを劇的に改善できれば特許になる可能性が出てきた。フォサマック、イリボー等が例として挙げられている。

この改定は製薬メーカーにとっては大きな朗報だろう。

それ以外にも、最終的な診断を補助するための人体のデータ収集方法の発明や、磁性粒子と装置、細胞と足場等の組合せについても特許になるかどうか明確にわかる審査基準が作られるはずである。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 弁理士)
大平国際特許事務所 所長弁理士

先端科学技術と知財活用の両方に精通した、農学博士の弁理士です

お客様の保有する知的財産を活用して事業を守り、競争優位を獲得できる知的財産戦略構築を行います。それに基づき戦略的に出願し、権利取得を行うことで有効な特許網(特許壁)を構築し、事業を独占することによりお客様の売上と利益の最大化に貢献します。

090-4227-0184
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「医薬・バイオ特許」のコラム

バイオ特許戦略の講義(2009/11/13 14:11)