エコとは 「エコ」という概念理解 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

エコとは 「エコ」という概念理解

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ
街に溢れる「エコ」という文字。広告。広告表現・・・

広告を制作する上で、「エコ」の概念理解は必要です。その理解が間違っていれば、極論を言うと、景品表示法の排除命令の対象ともなりえます。


では「エコ」とは何か?


エコポイントを推進する経済産業省へ取材・・・

残念ながら、「エコ」という定義は決まっていないそうです。


というか、決めずに「エコポイント」を推進しているとこのこと。
まったく、本末転倒というか。。


イメージとしては・・・
省エネ、環境に配慮していること、サービス、商品を総称しているのではと考えます。



現状のところ、定義や概念が決まっていない以上、景品表示法の対象とはなりにくいと考えます。つまり、「エコ」を言ったもの勝ちのような風潮があり、ビジネスや経済に上手く利用しているというのが実情でしょうか。



広告の作り方メールマガジン
メールマガジン登録

エーエムジェー株式会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

デザイナーのエゴ(2010/02/19 11:02)

店頭商品ほど感覚的に(2009/09/30 11:09)