クラウドコンピューティングによる戦いが遂に本格化 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クラウドコンピューティングによる戦いが遂に本格化

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は「クラウドコンピューティング」についてのお話です。

富士通、日立製作所など大手ITベンダーが「クラウドコンピューティング」の基盤構築として、約100億円のデータセンターを新設します。
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=AT1D0200L%2003082009

IT業界の最近のトレンドである「クラウドコンピューティング」による戦いが、遂に本格化しそうです。

ユーザーに対して、比較的安価なサービスを提供するというスタイルのビジネスを実現するためには、大手ITベンダーとしてのスケールメリットを出すことが必要。
そう判断しての今回の投資なのでしょう。
特に、富士通や日立製作所などの大手ITベンダーは、自社のハードウェア、ソフトウェア、サービスなどをフル活用できるので、好都合なわけです。

ユーザーにとってもコスト面のメリットが大きいと言われている「クラウドコンピューティング」ですが、コスト面だけに注目するのは避けたいところです。

業務面、運用管理面、情報セキュリティ面など幅広い視点で比較検討した上で、「クラウドコンピューティング」に取り組みましょう。

ブームになりつつある「クラウドコンピューティング」ですが、ユーザー企業に地道に根付くことを期待しています。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)