狼桃トマト(オオカミモモ・トマト)の話 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

最上 雄太
株式会社イデアス 取締役CEO
東京都
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

狼桃トマト(オオカミモモ・トマト)の話

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
セルフコンセプト・コラム 逆境をバネにする
リーダー研修(管理職研修)のときに、私はこんな話をします。


 〜 狼桃トマト(オオカミモモ・トマト)の話 〜


 四国・高知で生産されている
 超完熟のおいしいトマト。

 狼桃トマトと呼ばれています。

 狼桃トマトは
 極限まで糖度が高いトマトです。

 普通スーパーで売られているトマトは
 水につけると浮かんでしまうのですが

 狼桃トマトは
 水に沈んでしまうほど、糖度が高い(果実の密度が高い)のです。

 普通のトマトは
 狼桃トマトほど糖度を高めると
 皮が耐えられず、破けてしまうらしいのですが

 狼桃トマトは
 その糖度に負けない皮を持ち
 赤々と完熟した実を味わうことができます。

 興味深いのは、その作り方(栽培方法)なのですが。

 びっくり!! な作り方をしているのです。


 種を植える前の土は
 工事用の締め固め機械でガチガチに固めます。

 種は
 土をドリルで穴を開けて植えます。

 水は極限まで与えません。

 そうすると・・

 トマトは水を求めて
 根を強く、広く、地中に伸ばし
 少ない水分を必死に吸収しようとします。

 それでも水分が足りないので、
 
 狼桃トマトは
 トマトの実にたくさん白い産毛を生やし
 
 なんと空気中の水分も得ようとするのです!



 厳しい環境で育ったその狼桃トマトは


 力強い根に支えられ


 背丈は普通のトマトよりも高く育ち


 極上の実をつける
 
 

その人に必要なマインドを引き出し、「ぶれない軸」を作ります
株式会社イデアス 取締役CEO/研修講師 最上雄太