【SEO対策】ヤフー・マイクロソフトの提携に備える - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

玉井 昇
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【SEO対策】ヤフー・マイクロソフトの提携に備える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
SEO対策

【検索エンジン対策】ヤフー・マイクロソフトの提携に備える





こんにちは玉井です。

8月に入って夏本番ですね。
まだまだ大気の安定しない日があります。
突然の大雨など、充分にご注意くださいね。



さて
2009年7月30日にヤフーとマイクロソフトの提携が発表になりました。




今後、ある程度の準備期間を経て、
Yahoo!ポータルが採用する検索エンジンは
マイクロソフトが6月にリリースした新検索エンジン・Bing(ビング)に
切り替えられることになります。


まだ、日本法人に於いては詳細が発表されていませんので
私たちユーザーは、ある程度の推測を元にそのXデーに備えて
準備をしておく必要があります。






▼推測1 「Yahoo!ポータルがBingに全面切り替えられる」



かつて、Yahoo!ポータルがGoogleと提携していたときは
検索エンジンの部分はGoogle検索でした。
その時のように、見た目はそのままで
検索エンジンの部分だけBingを搭載することが考えられます。



▼推測2 「BingにYSTの機能を盛り込む」



今日現在はYahoo!ポータルの検索エンジンは
YST(Yahoo! Search Technology)と呼ばれるヤフー独自のシステムです。
またマイクロソフトのポータルサイトBingもマイクロソフト独自のシステムです。
それぞれは、別物でちがうシステムですが
発表ではマイクロソフトは Yahoo! Search Technology (YST)の10年間の
独占ライセンスを獲得しています。
そこで、BingとYSTを融合させた新検索エンジンを開発する可能性もあります。



▼推測3 「YSTを使い続ける」



独占ライセンスを獲得したということは、
マイクロソフトは Yahoo! Search Technology (YST)を
そのまま使用しても良いわけです。
ということは、現状のまましばらく継続される可能性もあります。



▼推測4 「ユーザーのYahoo!ポータル離れ」



Yahoo!ポータルの検索エンジンがBingに替わった場合、
検索結果に満足のいかなかったユーザーは
Googleを利用する機会が多くなることが考えられます。
現在、日本国内はシェアが半々だと考えられていますが
これがGoogleにシフトした場合、ビジネス利用の我々は
Googleで上位に出る必要があります。




ということで、
私たちはこれからXデーに向けてBing対策を強化する
必要がでてきました。



Bing対策をまとめた無料レポートを作成しました。
私のメルマガにご登録戴いた方に無料で差し上げています。

よろしければ、メルマガにご登録ください

このレポートでは、
Bing(ビング)への切り替えが完了する前にできる
初歩的な対策をご紹介しています。


こちらからご登録ください。
http://tinyurl.com/lveoha



それでは、頑張って!




月額1万円からのSEO対策
http://www.seogy.jp/