ネット通販の画像はイメージ見せて何ぼの世界 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

青田 勝秀
大国屋ビジネスコンサルティング株式会社 
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ネット通販の画像はイメージ見せて何ぼの世界

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ネット通販 Eコマース EC 売れるページ作り
ネット通販の商品ページで画像が「よくわからない」「汚い」は致命的ですよね。うちは綺麗だし大丈夫だろう。と思っていらっしゃる方も多いと思います。お客様がその画像をみて商品利用のイメージができますか?

画像だけ


マネキンに着せてるだけ


皿の上に乗せているだけ


机の上に乗せているだけ



ピントを合わせて綺麗にみせるだけなら、今はデジタル一眼レフの性能が飛躍的に成長していることもあり簡単に撮影ができます。上にあげた4つの例はいいカメラやいい照明を使うことができるば誰でも基本的には出来るようになっています。今回は綺麗な画像の先にある売れる画像について書きます。

イメージを煽れ


実店舗に行った時に接客されたときのことを思い出してみてください。
接客中に店員さんが

この服とこの服を一緒に着たらとか


お酒を飲みときに一緒に食べたらとか


キッチン・リビングで使ったらとか



利用シーンをイメージさせる言葉を連発されますよね。それをネット通販でも利用しましょう。お客様がその商品を見て自分が着ている、使用しているイメージを提供しましょう。画像とキャッチの両面でイメージをさせるように努力させましょう。

平均以上でイメージしてもらう


普通に見せても駄目です。

六畳一間


普通のキッチン・リビング



イメージを見ていただくのにリアルにお客様の生活に近すぎると、なまなましいイメージを想起させ過ぎてしまいます。少し平均以上のイメージをしていただけるように努力する必要性は必ず存在します。例えば

雰囲気のいいカフェ


お皿などのキッチン雑貨



加工してイメージしていただく


商品画像を問屋から受け売りでいただいている店舗さまも多いかと思います。そういう時はイメージ画像を作成する必要性があります。それを使っている、もしくは使った後のイメージをしていただけるような画像を作成する必要性があります。

うちはどうなの?


そういう場合は青田までメールしてください。一度見てコメントをさせていただきます。
mail to : aota@ebisu-daikoku.co.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――

売上をガツンと伸ばしたい!そんな「思い」にお答えします。
無料EC・売上コンサルティングなら大国屋ビジネスコンサルティングへ!

―――――――――――――――――――――――――――――――