子会社への支援が寄付金??? 【法人税 節税対策】 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子会社への支援が寄付金??? 【法人税 節税対策】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
法人税
子会社への支援が寄付金??? 【法人税 節税対策】

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

100年に一度の大不況の影響で、子会社の業績あるいは資金繰りが
悪化しているという会社が多いと考えられます。

その場合に、一般的にありがちなのは親会社から子会社への
貸付金を無利息にするケースと、債権放棄するケースです。

いずれの場合も親会社の経営者としては、親会社の節税にも
繋がるので、安易に決断をしてしまいそうですが。。。

親会社で法人税法上問題になることが多いので要注意です。

ポイント解説が、国税庁のHPで意外と分かりやすく記載されて
いますので興味のある方は是非一度ご覧ください

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/09/09_04_01.htm

つまり、子会社への貸付金を債権放棄すると
⇒その債権は本当に回収不可能なのか?
⇒通常考えられる一般的な回収努力は行ったのか?
⇒仮に債権放棄するにしても、その放棄額は適正なのか?

という点が問題になります。これらの点について合理的な理由で
説明できない場合寄付金として取り扱われます。

寄付金課税を回避するには、今後大きな損失の発生を回避するために
やむを得ないものであること、かつ社会通念上も妥当なものとして
認められる事情がなければなりません。


また、債権放棄しないまでも子会社への貸付金を無利息にした場合も
その子会社支援について合理性や相当な理由が無い場合
寄付金課税の問題があります。

この点につきましても、子会社の倒産防止のためにやむを得ない場合で
合理的な再建計画に基き行われなければなりません。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
http://www.marlconsulting.com/

 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi

神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/

 相続名義変更アドバイザー税理士のHP
 http://fpstation.souzoku-zeirishi.com/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
いよいよ来月総選挙です。民主党が若干有利と考えられています
最近、報道で民主党の掲げる『月額2万6000円の子供手当て』
が話題になっています。つまり一部で不公平な扱いになる
という点が問題になっているようです。
詳細は、民主党のHPをご覧ください
http://www.dpj.or.jp/special/jyuten50/01.html

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「法人税」のコラム