人を感動させる「思い」が商売を加速させる! - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

青田 勝秀
大国屋ビジネスコンサルティング株式会社 
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人を感動させる「思い」が商売を加速させる!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
閑話休題 商売繁盛
バブル崩壊し、ITバブルも崩壊し、色々な価値観が変わりました。学歴社会も少子化傾向ということも重なり弱くなってきましたし、仕事に対する価値観もずいぶんと多様化してきたと思います。ただ変わらないこともあります。それは仕事に対する「思い」です。いつの時代もこの仕事に対する「思い」が熱く、強い人間が新しいパラダイムを生み出して世の中を変え続けていることは真理だと思います。


渋沢栄一


松永安左エ門


永野重雄





松下幸之助


本田宗一郎


盛田昭夫





全て故人でいらっしゃいますが、日本の財界をリードしてきた上記のみなさんに言えることは事業に対する「思い」が存在したことです。この「思い」とは何か?お金に対する思いでしょうか?日本しいては世界に対しての事業の存在意義が思いになっていると私は思います。明治から昭和に活躍された財界人は日本のインフラを自らの事業でつくりあげる「思い」戦後昭和に活躍された財界人のみなさんは自社製品を世界に広めることで、世界に情報インフラ・社会インフラ・娯楽のインフラを提供されてきました。



100年に1度の不況の今こそ、この事業に対する高邁な「思い」こそが絶対必要条件になってくると思います。目先の売上や利益をついつい追っかけてしまう。亡霊のように迫ってくる昨年同期比をどうやって超えるかが仕事になってしまう。株主をはじめとするステークホルダーの横槍に屈してしまう。そういうどうしようもない状況あると思います。しかし、15年、30年、100年続く会社は最初の思いが今でも根付いている会社だと思います。今一度足元をしっかり確認してこの不況を乗り越えましょう。