最後のレッスンをイメージする - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

藤 拓弘
リーラムジカ 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最後のレッスンをイメージする

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ピアノ講師の成功法則
悲しいことに生徒さんは、いつか必ずやめていきます。


進級や受験のため、引越しなどの家庭の事情、やめていく理由は生徒さんによって
それぞれですが、必ず先生とのお別れの日が来ます。

5年、10年、15年と心を込めて教えた生徒さんとの別れは、
長年指導してきた先生にとって、これほど悲しいことはありませんよね。


そこで、ピアノレスナーには次のようなマインドが必要ではないか、と思います。



「この生徒さんとも必ず別れの日が来る。だから、今日この1回のレッスンを本当に大切にしよう」





例えば、今日で最後のレッスンの生徒さんがいる、と想像してみてください。

きっとこれまでの一緒に勉強してきたことを胸に、最後のレッスンを出来るだけ
思い出深いレッスンにしよう、大切な時間を一緒に過ごそう、と思うことでしょう。


普段と同じ時間なのに、これほど大切な時間はない、と思うほどでしょう。


なぜなら、その生徒さんにピアノを教えられるのは、今日のこの「一回」しかないからです。


「もっと教えられることはたくさんあったのでは」

「将来、私に習って良かったと思って欲しい」



いろんな思いが交錯して、一生懸命教えることでしょう。


ここに、ピアノ教育に大切なことが隠されています。つまり、



「最後のレッスン」をイメージすることは、普段のレッスンの大切さを痛感することにつながる




ということです。


優れたピアノの先生は、毎回のレッスンに全身全霊を注ぎます。


それは、生徒さんのためでもありますが、実はいつか来る別れの日に、
自分が後悔しないためです。



高いマインドでレッスンをこなすことは、先生と生徒の間にある、
「絆」を深めることにつながるのでは、と思います。


生徒さんの深い満足感と、先生の熱い思いは、
どこかでつながっているものなのかも知れませんね。






※私の活動に関しては、ピアノ教室コンサルタントのページからご覧下さい。


※現在、ピアノ教室運営のエッセンスをメールマガジン「成功するピアノ教室」にて執筆中です。