攻めのIT投資7月から再開(1) - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

攻めのIT投資7月から再開(1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はIT投資についてのお話です。

ITproにIT投資に関する調査結果が報告されています。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090626/332682/?ST=management

IT投資の再開時期について
・2009年度の業績予想が減収予想や減益予想の企業であっても、5割以上が2010年1〜3月には国内の景気後退が底を打つとみている
・社長の68.9%は、景気後退が底を打つ半年前から反転攻勢を始めたいと考えている
・80.8%の社長が「ITの活用度向上で企業競争力を高められる」と考えている

調査結果から、多くの国内上場企業や有力未上場企業は、攻めのIT投資を7月から再開しようと考えています。

このような大手企業の動きを、中小企業は当然意識しておきたいところです。
目に見えないところで、大手企業は新たなる一歩を踏み出そうとしています。
しばらくすると、その余波は取引先の中小企業にも及ぶことでしょう。

常に一歩先、二歩先を考えながら、IT投資は計画すべきです。
経営資源の制約が大きい中小企業だからこそ、IT投資計画は十分検討すべきです。

第3回儲かるためのITビジネス個別相談会のお知らせ

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)