マイクロソフトが「オフィス」ウェブ版無償提供 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マイクロソフトが「オフィス」ウェブ版無償提供

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はマイクロソフトについてのお話です。

米マイクロソフトは、統合ソフト「オフィス」のウェブ版を無償提供する計画を明らかにしました。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCXR4164.html

米グーグルなどの他社との競争を背景に、箱詰めされたパッケージ版ソフトの販売という数十年来のモデルを変更する必要性を認識しての判断のようです。

皆さんもこの話はご存知だと思いますが、私もびっくりしました。

大げさにいえば、マイクロソフトの大きなビジネスモデルの転換ですからね。
当然、綿密な調査分析に基づいた戦略的な判断であるのは間違いないはずですが、グーグルなど競合他社との競争激化から判断を迫られたのも事実でしょう。

ただ「ウェブ版」を無償提供するだけであり、企業向け、消費者向けにいくつかの有償バージョンがあるようですので、そちらでしっかり利益はあげていくのでしょう。

ビジネスユーザーとしては、既存の「オフィス」資産も考慮した対応が求められるので、「オフィス」のようなアプリケーションの変更は慎重さが求められます。

企業がIT化を進めるにあたり、今後のマイクロソフトの動きからは目が離せませんね。

第3回儲かるためのITビジネス個別相談会のお知らせ

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)