セミナーやっててうれしいのは、 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

谷口 浩一
株式会社チームデルタ 代表取締役
千葉県
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

セミナーやっててうれしいのは、

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
セミナー講師の昼ごはん
なんだか、早く目が覚めちゃって、というか眠れなかったんで朝5時から仕事始めてます(笑)。
次期当社サイトのコンセプトをデザイナーに伝えるための書き物してたんです。
いいものができそうな予感!(笑)


講師のハートはガラスでできています。
会場が受講者のみなさんで満たされ、目が輝き始め、拍手でもって終えることができた時、長い緊張から解放され、胸をなで下ろししますが、1時間経過しても、みなさんの目が輝いてくれなければ、いやな汗が体を伝い始め、2時間後には破片となって飛び散ります(笑)。


こんにちは。
チームデルタの谷口です。


セミナーやっててうれしいこと。
そりゃ、受講者の方々から寄せられるメッセージに決まっています。


お会いしてから既に4年以上が経過する受講者の方がいます。
この4年間、さまざまな僕のセミナーに参加いただいている常連さんです。
初めてお話をうかがった頃、経営している会社が大変厳しい状況にあるようでした。
ご年配で、PCやネットの習熟度も決して十分とは言えず試行錯誤されていました。
それでも、ホームページビルダーを使ってこつこつとサイトを自作し、経営に組み入れられていました。
時々ではありますが、思い立ってはこのサイトを拝見してましたが、正気言うと、お世辞にも使い勝手やデザインが考慮されたサイトとは言い難いものでした。

ただ、この方は10個のパテントを所有し、『カラスによる被害へのさまざまな対策』に関して非常にユニークなアイデアをお持ちだったんです。
少々ユニーク過ぎて、当時の僕には、その方面の需要へのマッチングに関しては、何とも言い難い、というのが正直な感想でした。
それでも、セミナーで話した内容がフィードバックされたようなコンテンツを見ると、少しうれしくなったり(笑)。


先週末、僕のセミナーに1年ぶりに参加いただいたんで、久しぶりにお話を聞いたところ、驚くことに、注文が殺到し工場がパンク状態で、今は一時的に注文を受けることを停止しているとのこと。
まったくびっくりです。


『もうあとがない・・』と、ホームページの制作に切実に取り組まれてたのがほんの2,3年前。
どうやら、当時の僕には見えなかった需要が存在していたんですね。
彼の特許が、そして、アイデアが、たくさんの人の課題、問題を解決したんです。
その後、NHKが取材に訪れ、朝日新聞で紹介され、認知が加速したようです。
工場を改築し、工程を見直すまで製造をストップしなきゃならないことを今は懸念されてるようでした。

既にお話ししましたが、ここのサイトは、褒められるような出来映えでは決してなく、サイトから伝わる印象は、信頼感を醸成するようなものではないんです。
でも、ここに掲載され情報によって、たくさんの方々の『困っていること』が解決されました。
販促にいっさいお金をかけることなく、ただ一生懸命にホームページ作りをしてこられただけなのに。
気持ちが先走りすぎて、やり過ぎのSEO対策でペナルティーを課せられたこともあったんですよ、かつて。


日本でインターネットの商用利用が開始される頃から、この業界に関わってきた僕ですが、改めてインターネットの底力を目の当たりにした気がします。
潤沢な資本もなく、ブランドもなく、人を使った営業も、広報活動も行うことなく、ただホームページを作って運用しただけで、1つの企業が危機から脱し再生するんですから。
多くの人がインターネットに情報を求め、その人たちのリクエストに応え、快適をもたらすことができるなら、ビジネスは成り立つんですね。
実に当たり前のことなんですが、今、インターネットにおけるマーケティングは何やら複雑になりすぎちゃって、つい、ビジネスの本質を見落としがちになります。
プラットホームやフレームワークが熱く語られ、商売の本質をあえてぼかすような風潮すらあります。


そういえば、10年前、講師としてお呼びがかかるようになった頃、

  『この800×600ピクセルの世界は、資本の大小に関係なく平等にビジネス
   できる唯一のステージだけど、大切なのは、新しい仕組みに目を奪われ
   ることなくビジネスの本質を追求すること』

だって何度も何度も話したっけ・・・(笑)。


今、この世界は、1280×1024とか、少し大きくなり、資本の大小も影響するようになりましたが、それでも、いまだに、小さく小さく分散されたパーソナルな価値感を背景に、新たなブランドが生まれ続けています。

そして、時々、こうして僕がとてもうれしくなるようなエピソードが届けられる素敵な世界であることに変わりはないんです。



成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一