生命保険 保険料 計算基礎 1 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険 保険料 計算基礎 1

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
生命保険

生命保険 保険料 計算基礎 1




生命保険の保険料は

「予定死亡率」「予定利率」「予定事業比率」と

主にこの3つの予定基礎率を使って計算されています。

今日は1つ目の予定死亡率についてです。

予定死亡率ってなんか変な言葉ですね。

どんな内容かというと、

過去の統計に基づき予測した年齢、性別ごとの

年始の生存者数に対する1年間の死亡者の割合のことです。

同じ年齢だと、男性と女性では男性の方が死亡率が高いため、

死亡保険の場合は男性の方が保険料が高いのです。

先日1,000万円の10年定期保険をあるご夫婦に提示致しましたが

66歳女性と65歳男性で、1歳年下の男性の方が

月々1万円も保険料が高かったです。

60歳代ではかなり死亡率に差があるのでしょうね。

年金保険などの逆に長生きする程受け取る金額が多くなる商品は

逆に女性の方が保険料が高くなります。



こちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog

ファイナンシャルプランナー 森 和彦