イナテーク!放送アーカイブの未来系 #1 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

イナテーク!放送アーカイブの未来系 #1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 TVの行方、これからのテレビは?
日本の夏は、全国各地でいろいろなお祭りがあります。
私のふるさとである、埼玉県の熊谷市には、「うちわ祭り」という夏祭りがあります。
東京に住んでいますが、この時期はふるさとに帰って、地域貢献活動にいそしむ毎日です。

こんにちは、山藤(サンドウ)です。

メディアの可能性を探る!NHK放送文化研究所研究発表会に参加してきました。

NHK放送文化研究所とは?


より豊かな放送文化を創造するため、時代と社会に向き合い、
多彩な分野での調査研究に取り組んできる機関です。

今回は、世界的に放送文化の注目を集めている、フランス、イナテークについて、
興味深い報告がありましたので、放送アーカイブの未来系として書きたいと思います。

基調講演のタイトルは、ずばり「アーカイブはメディア情報空間に何をもたらすのか?」
イナテーク、所長 ジャン・ミッシェル・ロードさんです。

イナテーク、イナについて、



イナテークは、フランスの国営放送が、文化行政の一環で開設した国立のメディアアーカイブ研究所です。
特徴的なのは、「法定納入制度」を導入していることです。
具体的に展開している事業、

イナテークは、フランス国内で放映されている、テレビ98局、ラジオ22局、
を全放送をリアルタイムで録画、アーカイブ化している組織なのです。
日本で言えば、NHKをはじめ、民報、4,6,8,10,12チャンネル全てを、
デジタルデータ化していることです。
また、劣化の恐れのある大量のメディアをデジタルデータ化しているのです。

そして、そのデータは、国立の映像研究所に納入され、広く研究者や、
一般の人に閲覧のために開放しているのです。

ロード所長は、その目的として、



TVは国民的文化遺産であるというコンセプト


TVは文化遺産、アートとの考え方の元、イナテークは存在し、
その国民的文化遺産の保存、研究、そして視聴覚資料の公開を行っているとのことです。

これは、書籍や絵画と同じように、TV映像作品も総合的な芸術文化であるという、
理念を持っていることです。

これは日本では、まだTV番組を娯楽、教養、学習という範囲でとらえられているものを、
文化芸術作品という捉え方をしていることに大変、興味を持ちました。

さすが、フランスですね。
TVは現代を作っている芸術文化作品なのだ!というアプローチがテレビ制作に携わる一人としても、大変、うれしくまた、はげみになるような気持ちに多いになりました。

メディアの可能性を探る!
NHK放送文化研究所 春の研究発表 2009/3/11 

NHK放送文化研究所 ポータルサイトHP