28億円の無駄? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

28億円の無駄?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
投資 資産運用
今日、ニュースを見ていると会計検査院が税金の還付手続で、高額案件を優先処理するよう仕事のやり方を変えれば、利子に当たる還付加算金が昨年1年間で約28億円削減できたとして、国税庁に改善を要求を出したと出ていました。驚くべき数字ですよね?1日当りに割っても約770万円ですからね。う〰ん、という感じです。それだけの無駄を省けば少しでも国民の税金も安くなるし、国の借金も減るのに。。。仕事に仕方を少し工夫すれば良いだけですのにね?一般企業なら極当たり前のことなんですけどね。

記事を詳しく読んで見ると払い過ぎの税金や輸出品にかかった消費税の還付に際しては、処理日数に応じ年率4.5%程度の加算金が生じるとの事。還付額が多いほど加算金は増えるのですが、全国の税務署の大半では金額にかかわらず、一律に処理しているのが現実らしいのです。少し工夫すれば良いだけですのにね?

その中でも特に問題となっているのは処理に11日以上要した高額案件で、全体の約1.5%程度らしく、優先処理をし期間を10日に短縮すれば約27億8900万円の加算金が減るとの事。同院曰く「事務量はほぼ変わらないが、効果は大きい」としています。

実際、還付請求をして欲しい人にしたら金額の大小にかかわらず1日でも早くお金を返金して欲しいと思っています。その時期になれば山ほどの職員がプレハブなどを建てて処理にあたっていて大変なのは分かりますが、不要な支出を少しでも減らす意味でも機械化を含めた短縮化に対する早期の改善を期待したいものですね。結局は、そういう1つ1つの無駄を省く積み重ねが日本経済の回復に繋がり本当に必要なものに資金が回るはずです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「投資」のコラム

「ロクサン業者」って何?(2014/05/11 14:05)