増える独居障害者 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

増える独居障害者

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
久しぶりの更新です。

社会現象として「独居老人」についてはよく知られていますが、最近は不動産の賃貸契約基準の緩和や''バリアフリーリフォーム''などの普及により、''障害をお持ちの方の一人暮らし''が増えつつあると感じています。


これはバリアフリー設備が整っただけではなく、住宅設備機器もユニバーサルデザイン化に進んだおかげとも言えます。


私自身も「家電芸人」ならぬ「家電建築家」と言われるくらい、まずは自分で使用してよいと思ったものを住宅設計に組み込んでお客様にアプローチすることもあります。


ですから、キッチンにビルトインされている食器洗い乾燥機もメンテや機能性、排水の問題などを踏まえ、あえてセパレートタイプをお勧めする場合もあります。


一人暮らしされる障害をお持ちの方にとって、家電はライフラインになりますので慎重な選択が必要になります。

夜、照明の電球が切れたなど車いす使用者にとっては重大な危機になるので、寿命が長いLED照明などは今後のキーワードとなりそうです。


こちらのブログは毎日更新しています
過去ログもぜひご覧ください

介護福祉建築家のブログ:http://ameblo.jp/yasuragi-kaigo/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

介護福祉建築家のツール(2012/09/02 02:09)

今年の社会福祉士活動(2011/01/22 18:01)

「家歴書」を持ちましょう(2009/02/16 09:02)