例示:顔の見える野菜 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

例示:顔の見える野菜

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践
おはようございます。

昨日からの続き、理由を併せて提示することについて。


最近ではすっかりとお馴染みになった「顔の見える野菜」を
例に考えてみたいと思います。
スーパーの野菜売場にいくと

「私が作りました」

の横に農家の方の顔写真がプリントされている野菜があります。
なぜああやって顔を出す必要があるのでしょうか?


信用を得たいからです。
食品に関する偽装や農薬の問題などが語られるようになって
久しいですが、その中にあって作っている人間の顔を出すという
ことは

・この野菜は悪いことはしないで作ったよ

という意思表示になります。
所謂「普通の野菜」に対して何となく不安に思っていた所に
「この野菜なら安心できる」という理由を提示していることが、
顔の見える野菜の大きなポイントといえます。


実は理由以外にも併せて提示した方が良いのではないかと
思うことがあります。
それらについても触れていきます。


この項、明日に続く。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)