社会保険料負担の回避 (1) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険料負担の回避 (1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 社会保険
【関連Q&A】 起業と社会保険加入
http://profile.ne.jp/pf/ysc-kaigyou/qa/detail/2835

では上Q&Aで話題となった社会保険料負担の合理的回避方法について従業員との関係で、主に「雇用」関係があるかないかの2つの側面から探っていきましょう。

 【1】 雇用関係「あり」 〜自社で雇用する場合〜
 【2】 雇用関係「なし」 〜他社(外部)の従業員を受入れる場合〜

まず【1】の場合、働く時間の「短さ」が社会保険加入要否の基準となります。 現行法においては、短い労働時間での(雇用)契約にすれば社会保険料負担の義務は逃れられ多くの企業がこの手法でコスト軽減を図っているところです。 ではその短さの程度ですが、一般の(フルタイム)従業員が「週」に働く時間の

  4分の3

未満 が一応の基準になっています。 つまりフルタイム社員が 40時間 働くことになっているのであれば、30時間未満 に労働時間を設定し契約すれば現行法では社会保険加入を回避できる仕組みになっています。 しかしこのルールも年金財政の問題、パートタイマーと正社員の格差是正の問題などを背景に、いずれ法律改正されこの基準もなくなる方向、つまりこのような働く時間の短いパートタイマーも社会保険加入が義務付けられる日も近いものと予想されます。 (平成16年の改正が見送られた経緯あり)

となると次なる負担回避策は【2】の雇用関係のない外部人材の受入です。 

 (1) 請負 [ 業務委託 ]
 (2) 派遣

契約形態からいくと主にこの2つが考えられます。 [ なおフリーランスやICも契約形態から上(1)に集約されるものと考えられます ] 受入会社との間に雇用関係がない両者には受入企業側に社会保険料などの雇用関連コストを発生しません。  (次コラムに続く)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「Q&A番外編」のコラム

任意継続被保険者 (5)(2006/11/25 02:11)

任意継続被保険者 (4)(2006/11/25 02:11)