採用理由は入社意欲 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

杉本 勉
株式会社エリートネットワーク 法人営業 兼 転職カウンセラー
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

採用理由は入社意欲

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
転職 How to

「採用理由は入社意欲」

先日、とある食品メーカーさんとお打ち合わせしていた時の話。
同社は、若手の法人営業職を複数名探しており、
弊社経由でも人材をご採用頂いた。
その時、採用した5名に共通するのは「入社意欲の高さ」だったという。

「入社意欲の高さ」とは、「本気でその会社に入って、活躍したいと心底思っている」と
面接の場できちんと説明できるか否かである。

実際、同業他社の方の応募も多くあったようであるが、
今回の採用では、皆お断りしたとのこと。
理由は、本気で入社したいという意欲が感じられなかった為だという。

採用する側からすれば、即戦力採用の方が良いという考え方もあるが、
長期雇用を前提にしている同社のような企業であれば、
キャリアアップの為の転職ではなく、
同社がつくるお菓子を扱ったり、新商品の開発に関わりたい
といった純粋な思い・気持ちを重視するというのは、
極めてまっとうな見解であると思う。

転職を希望される方は、
意外と王道である「応募企業に本気で入社して、活躍したい」という
ちょっと青臭い想いをもっと大切にしてみましょう。

実際、転職を成功させた方は、
応募企業についてものすごく真剣に調べて、面接に臨んでおられます。
そんなことが意外な秘訣かもしれませんよ。

このコラムに類似したコラム

求人広告で いい人とるために 「悩み」2 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/04/25 19:00)

転職の手帖13:オファー内容を確認し、入社を決断する 1 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/12/18 13:15)

転職エージェントの仕事で一番大切なこと 小松 俊明 - 経営コンサルタント(2011/07/22 16:44)

「2010年転職市場の動向について」 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2010/01/18 18:24)

「経理、経理、経理」 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2009/12/14 17:38)