不動産仲介 各社の特徴 vol.1 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

中石 輝
株式会社リード 代表取締役
神奈川県
不動産業

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産仲介 各社の特徴 vol.1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産業界の常識は世間の非常識 仲介業者各社の特徴

一般の方が不動産を買ったり、売ったりするときに窓口となる不動産仲介業者。
その窓口を選ぶ際にハッキリとした判断基準を持っている方は少ないのではないでしょうか。

窓口として選んだ仲介業者が、取引内容に精通していなかったり、ご自身の希望に合わなかったために被るかもしれない損失は決して小さくはありません。

ひとくくりに「不動産仲介業者」といっても、様々な会社があり、各社それぞれ得意とする分野は異なります。
各社の特徴をある程度把握していれば、「自分に合った仲介業者選び」もスムーズに進みます。

まず今回は、皆さんに馴染みの深い大手業者さんからご紹介します。


ビック・フォー (三井のリハウス・住友不動産販売・東急リバブル・野村不動産アーバンネット)


大都市圏で圧倒的なシェアを誇る4社。
それぞれに特徴はありますが、やはり組織力をベースにした幅広いサービスが最大の特徴でしょう。
また、社員数が多く、比較的若手社員が多いため、担当者ベースの営業スキルの差が他の業者と比べ大きいようにも感じます。

三井のリハウス


企業イメージの構築が非常に上手い会社で、購入・売却ともにバランス良く行っている。売却を依頼した際には一定条件の木造住宅に限られるが無償で建物診断を行うなど、付加価値のあるサービスも提供している。
なお、「三井のリハウス」は「三井不動産販売ネットワーク」の総称であり、実際の営業は各地域のネットワーク各社が行っている。

住友不動産販売


モニターさんと呼ばれるチラシ撒きスタッフを多く雇い、「売却不動産求む」という内容のチラシポスティング戦略を徹底し、売却物件の収集に特化した営業を行っている。
そのため、店舗も一般的な仲介業者に多い「1階路面店舗」ではなく、空中店舗(2階以上)が殆ど。

東急リバブル


東急沿線に店舗数が多く、特に東急田園都市線沿線では圧倒的なシェアを誇る。
東急電鉄が開発する分譲地の販売を手がけるケースなどもある。
売却検討者に対して、「中古住宅検査」や「買取保証」といったサポートサービスも豊富。

野村不動産アーバンネット


店舗網が首都圏に限定され、上記3社との間には規模の面で差がある。
自社の不動産情報サイト「nomu.com」や投資用不動産情報サイト「nomu.comu/pro」、事業用不動産情報サイト「nomu.com/BIZ」など、インターネットを活用した集客で成果を上げている。

以上、思いつくまま各社の特徴を書いてみました。

次回以降では
・銀行系業者
・電鉄系業者
・フランチャイズ系業者
についてご紹介して参ります。

「仲介手数料定額制」のリード ホームページ  こちらから
不動産売却でお悩みの方は「不動産売却エージェント」  こちらから

このコラムに類似したコラム

住宅ローン借りるための3つの保険 久野 博 - 不動産業(2011/04/11 18:51)

不動産仲介の役割2 畑中 学 - 不動産コンサルタント(2010/11/23 16:12)

都心近郊の住宅地価が上昇! 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2010/09/03 09:00)

誰でも買える不動産。 久野 博 - 不動産業(2010/08/25 20:06)