クーリングオフ(契約の解除) - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

阪本 貴洋
有限会社NOW 代表取締役
リフォームコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クーリングオフ(契約の解除)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
リフォーム1・2・3! リフォームをする前に
前回、わたしのコラムでこう書きました。
-----------------------------------------------

なんとこの業者見積書なしで契約するというツワモノ


契約後、記載されているクーリングオフの期間を空けて
施工するという業者みたいですが、
これには、わたしビクともしませんでした。

なぜだと思います?
-----------------------------------------------

これは、単純なお話なんです。

『見積明細書が出ていない』ということは、
どのようなものがどのような代金なのか?
ということが、判断できないので

契約に必要な書類がそろっていない


と判断され、クーリングオフの期間をあけて施工しようとも
いつでもクーリングオフはできるという解釈になるそうです。

つまり、きちんと書類が提出されてからクーリングオフの期間が始まる

こういう認識でOKということだからです。

誰にでもありうる出来事


私は大丈夫。

そんなものひっかからない。

ひどい話もあるものだ。

と、他人事のように思われている方が、
たくさんいらっしゃるでしょう。

ひょっとしたらもうやられているかも・・・?

わたしは、この仕事ですごくたくさんのお宅にお邪魔させていただき、
さまざまな工事をおこなってきましたが、
それ以前に行われているものもたくさん見てきました。

そしてそれを見たわたしは、大きく分けて2通り、

・教えてあげる場合

・教えずに黙っておく場合

なぜ?2通り



聞くことは、知ることにつながり、人によって差はありますが確実に

嫌な気持ちになります

だから昔から言うように『知らぬが仏』と判断すれば、
教えませんし、この人は教えておいてあげなければ、

『何度もくりかえされカモにされるかも・・・』

と判断すれば教えますし、
先日のコラムの方のように
『まだ間に合う』方にも教えます。

クリーンぐオフは伝家の宝刀?


違います

クーリングオフは【一方的に契約を解除できる】ものですが、
全てにおいて有効ではありません。

クーリングオフできない場合もあります。
けど、解約はできます。

????

となられたのでは?
【解約】とは、違約金や損害賠償がからむということです。

簡単に書きましたが、より詳しくという方は、
専門家の方に質問してみてください。