ビジネス定量分析:ホームページでの活用 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネス定量分析:ホームページでの活用

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ビジネス定量分析

ビジネス定量分析:ホームページでの活用



環の小坂です。

今月はビジネス定量分析について少し書いていこうと思っています。

ウェブサイトのコラムですからまずそこに絡むところからスタートします。

ウェブサイトの目的や成功の図り方などは定量・定性どちらの要素を用いても
「わかりにくい」という課題があります。

そういう際に役立つのがビジネス定量分析の考え方です。
(来週リリース予定の弊社のアクセス解析「シビラ」新機能もその辺を踏まえて開発しています。)

例えば「強み・弱み」と「成長性」を論じる際に
データだけでは非常にわかりずらいです。

それを分布図にしてみたり、関連性の分析をしたり、
色を変えてみたり、時系列にしたり、競合比較にしたりなど
工夫すること「わかる」ことが出来ますし、
「伝える」ことが出来ます。

アクセス解析の本質はそこにあり、
・仮説を立ててみる(もし予想通りならこういう結果なはずだ)
・それにふさわしいグラフや統計手法を採用してみてみる
・上記の繰り返し
により「わかる」「伝える」が実現できます。

「分類」「統合」などの過程が必要になることもありますが、
それは解析の機能にも一部ありますし、
エクセルなどを活用すれば簡単です。

ここの仮説を誤ると
・時系列ではわかりにくいのに時系列にこだわる
・分類・統合を誤ると何も見えてこない
という結果になります。

ビジネス定量分析の第一歩は「こうに違いない」という仮説です。


新宿のホームページ作成会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ビジネス定量分析」のコラム

ビジネス定量分析のススメ(2009/06/29 20:06)