自然オイル仕上・天然木無垢板張りの壁や腰壁のお薦め - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

のせ一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士 インテリアコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自然オイル仕上・天然木無垢板張りの壁や腰壁のお薦め

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●自然素材を使った心地よい住まい造り
ご存知のように高断熱・高気密の家は隙間風がなく、
計画換気が生きていてお部屋の空気は非常にきれいです。

そんな空気を汚したくないので、
私達は内装材には接着材を大量に使用した合板系のフローリングや
接着材で張り合わせたプリントドアなどを使いたくありません。

壁のビニールクロスも同じで、接着材で貼り付けしますし
ビニールそのものにも可塑剤というものが添加されており
発がん性などが懸念されております。

室内の壁には、天然木無垢の板張りや、漆喰、紙のクロスをお勧めしております。
今日は、中でも無垢の板張りのご紹介を致します。

木の材種はお好みにより、たくさんの中から選択していただけます。
多いのは、杉、檜、松(パイン材)でしょうか・・。

表面の塗料は植物系の自然オイル仕上げのものを中心にご提案しております。
天然木の表面をウレタン塗装などで塗膜を作ってしまうと木は呼吸できなくなり、
調湿効果も期待できなくなります。

写真左は我が自邸のリビングですが、国産材の杉板に蜜蝋仕上げと致しました。
写真右は、お客様のお住まいですが、天井はやはり杉の板です。
こちら無塗装だったと記憶しています。
節があり、これもまた味わいのある仕上がりになります。


天然木無垢は、蓄熱効果も高く(無数の気孔のひとつひとつに空気を含んでいる)、
室内の温度がたとえば20℃になると、無垢の材料もやがては20℃になり、
その熱を蓄えてくれるので、輻射熱の効果が期待できます。
やわらかい木、軽い木ほど ( 松系の材料 ) 気孔が大きく特にその効果は高いです。

無垢材なので多少そったり、空いたり、木目の違いがあったり、節があったりするのですが、
それでも、無垢をお勧めします。
年数を経過するとより一層味わいが出てまいります。

仕上がりの感じは断然よく、
仕事を終えて疲れて帰ってきたときのリラックス効果も抜群なのです。

弊社の本日のブログでは、腰壁板張りの施工例のコメントを小池が書いております。
是非ご覧下さい。


弊社ホームページをご覧いただきますと現場周辺地図、現場見学会の情報、
ブログでは現在建築中の現場の写真をご覧いただくことができます。

<女性建築士・インテリアコーディネーターと創る体に優しくエコロジーな家づくり>
練馬区と板橋区で高断熱高気密FP工法、省エネルギー、オール電化、
太陽光発電と自然素材を使ったエコロジーな住まいを建築する
地域密着工務店です。
株式会社 アセットフォー
http://www.assetfor.co.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士 インテリアコーディネーター)
のせ一級建築士事務所 代表

女性のためのサポート・セカンドオピニオン専門建築士事務所

住まい建築、購入、リフォームを考えていらっしゃる女性のための建築士事務所です。一生に何度も経験する訳ではないので、解りにくい建築や不動産の事。 どんなことでもざっくばらんにご相談ください。 当事務所を転ばぬ先の杖としていただければ幸いです。

カテゴリ 「●自然素材を使った心地よい住まい造り」のコラム